働きやすい会社の特徴は?自分に合う職場を見つける方法も紹介

>>在宅ワークやフレックス勤務をするには?
「柔軟な働き方を叶える方法」無料ebookで解説

「働きやすい会社でイキイキと仕事がしたい」と思う方も多いでしょう。

この記事では、SNS調査の結果も踏まえた「働きやすい会社の特徴」を紹介します。

後半では働きやすい会社を探し出す方法も紹介するので、これから転職を考えている方もぜひ参考にしてください。

働きやすい会社の特徴とは

「働きやすい会社」とよく言いますが、どんな会社のことなのでしょうか。


働きやすい会社の特徴を紹介します。

離職率が低い

離職率が低く、社員が長く働いている会社は働きやすい会社といえます。

離職率のなかでも参考にしてほしいのが「3年後離職率」です。3年後離職率はある年度に入社した従業員のうち、その3年後に退職した従業員の割合を示したもの。

一般的に、3年後離職率の平均は30%。この数値を大きく超える会社は、何かしらの「働きにくさ」がある可能性があります。

風通しがよい

風通しがよく、情報共有や意見交換がしやすい職場は働きやすいです。フラットな人間関係が構築されていれば、働くなかで出てきた悩みも打ち明けやすいでしょう。

福利厚生が充実

福利厚生には法定福利厚生と法定外福利厚生の2種類あります。法定外福利厚生は会社が独自に設けるもので、オリジナリティが出る部分。

フィジカル・メンタル面をケアできる制度があると、長く働きやすいでしょう。

福利厚生とは?人気の種類やユニークな福利厚生を導入している企業も紹介
この記事では福利厚生はどんな制度なのか、どんな種類の福利厚生があるのか解説します。福利厚生は社員とその家族の生活や健康を維持し、よりよい生活を送れるようにすることを目的にしているので、ワークライフバランスを実現したい方はよく知っておきたい制度です。人気の福利厚生や福利厚生が充実している企業も紹介します。

オフィスが綺麗

整理整頓されたオフィスは、動線がしっかり確保されているため物理的に働きやすいです。また気持ちよく仕事ができ、生産性が上がるメリットもあります。

評価制度・ルールがクリア

属人的な評価制度がなく、社員がどう努力して成果を出すと評価査定が上がるのか明確だと、働くモチベーションを保ちやすいです。

また、社内のルールが明確に共有・実践されているのもポイントでしょう。

ワークライフバランスを実現できる

仕事もプライベートも充実させてワークライフバランスを実現できる会社は「働きやすい」と感じやすいでしょう。

特別な理由が必要なく気軽に休暇取得できたり、残業が少なく定時退社できたりする環境は、企業側にもメリットがあります。以下の記事で詳しく解説しています。

【5分で分かる】ワークライフバランス 4つのメリットと実践方法
最近よく聞くようになった「ワークライフバランス」ですが、そもそもどんな用語なのでしょうか。この記事では、ワークライフバランスという言葉について、5分でわかるように解説します。ワークライフバランスとは?ワークライフバランスとは「仕事と...

リモートワークができる

在宅でも働ける環境が整っていると、自分のライフスタイルに合わせて働きやすいです。また制度が設けてあるだけでなく、あらゆる働き方を尊重する文化があるのも大切でしょう。

多様性の意味は?企業がダイバーシティを推進すべき理由も解説
最近よく聞く「多様性」という言葉。なんとなく意味はわかるけれど、詳しく知らないという人も多いのではないでしょうか。この記事では多様性の意味と、多様性に関する日本の現状をわかりやすく解説します。

介護支援制度がある

厚労省の調査によると、要介護者の介護を担う介護者の約6割は、要介護者と同居している親族。そのうち25.2%が配偶者、21.8%が子となっています。

超高齢化社会となっている日本では、いつ自分が介護者になるかわかりません。

そのため介護支援制度が整えられているかどうかも、働きやすさの指標となるでしょう。前述したようなリモートワークや介護休暇制度、時短勤務が利用できるかどうかなどがポイントです。

介護休暇とは?制度内容・給与・介護休業との違い・申請方法を解説
最近は、高齢化社会になり「介護をしながら働きたい」という方も増えているようです。でも介護と仕事の両立は難しく、退職を決断せざるを得ない人も…。そこで今回は、介護と仕事を両立するための手段である「介護休暇」制度について紹介します。

女性が働きやすい

女性が働きやすい会社は、多様な働き方を許容する文化が根付いている可能性が高いです。例えば産休・育休制度があるだけでなく、育休復帰サポートが整えられているかもポイントでしょう。

また制度があるだけでなく、会社全体として女性が働きやすい環境を整えようとする取り組みが行われているかも重要。実際に子育てしながら働いている女性社員が多いなど、理解ある職場であるかどうかも条件になります。

以下の記事では、女性活躍を推進する企業の取り組みを紹介しています。

女性活躍を推進する企業の取り組みを紹介!働きやすい職場のポイントも
女性の社会進出や女性の管理職登用など、社会での女性活躍が推進されている中で、男女平等や女性活躍をいまいち実感できていない人もいるようです。ワークライフバランスを取りながら社会で活躍するためにはどのすればいいのでしょうか。この記事では、女性活躍を推進する企業の取り組みや女性が働きやすい職場選びのポイントを紹介します。

各種相談窓口が機能している

働くなかで何か悩み事ができたときに、相談できる相手がいるかどうかも重要です。

またセクハラやパワハラは周囲の人に直接言いにくい悩み。相談窓口が設置されており、機能しているかも大切なポイントです。社内機関では相談しにくい内容を、社外機関を設けて対応している会社もあります。

自分に合っている

働きやすさを考えるとき、じつは「自分に合っている」という点が最も重要です。でも「自分に合っている会社」と一口に言ってもさまざま。

例えば

  • 会社の理念に共感できる
  • やりたい業務ができる
  • 人間関係がドライ

など、人それぞれ「自分に合う」と思うポイントは異なります。

そのために、まずはあなたにとっての「働きやすさ」を定義する必要があります。次項も参考にして考えてみましょう。

自由な働き方を叶えるパラレルワーカーの声

自分らしいキャリアを描きたくても、やり方がわからず、ワークライフバランスに悩んでいませんか。

テックキャンプは、未経験からフリーランス・副業で生計を立てているパラレルワーカー5名にインタビューを行い、自分らしいキャリアを歩むための方法を無料ebookにまとめました。

【こんな内容が含まれます】
・副業/フリーランスと会社員時代の年収の違いは?
・複数のスキルで自分らしく働くためにやるべきこととは?

あなたにとっての働きやすい会社とは?【SNS調査】

ここではTwitterで見つけた「自分にとって働きやすい会社の特徴」を紹介します。


あなたにとって「働きやすい」とはどんな状態か考えるヒントにしてください。

子育てしやすい


性別関係なく、今後家庭を持つ予定がある、あるいは家庭を持ちたいと考えているのであれば「子育てしやすい会社かどうか」は重要なポイントです。

例えば

  • 男性も育休が取りやすい
  • 社員1人あたりの業務時間を減らすワークシェアリングが可能

など、子育てしやすい仕組みがあるかどうかをチェックしましょう。

子育てしながら働けるワークシェアリング!メリット・デメリットも解説
「仕事と子育て両立しながら正社員としてまた働きたい」こう思っている女性は結構多いのではないでしょうか。「ワークシェアリング」はそれを可能にしてくれます。社員1人1人の業務時間を減らし、その分新たな雇用を増やすという働き方です。この記事では、主に子育て中の女性向けにワークシェアリングという働き方について紹介します。

会社全体で働きやすい職場づくりを目指している

働きやすい環境を整えるため、このように積極的に意見交換がなされているのは理想的ですね。

社員も働き方の改善のアイディアが出せる会社なら、経営陣のみで決めた制度ではなく、社員の声がしっかり反映された制度が整えられていることでしょう。

また、制度が利用しやすくなるように、役職のある人が積極的にロールモデルとなる姿勢も大事ですよね。

活躍する女性が多い

制度があっても、実際に機能していなければ意味がありません。実際に女性管理職がいるなど、活躍している女性社員が多いと「働きやすい」と言えるでしょう。

価値観の合う会社

例えば「海のそばで暮らしながら働きたい」という価値観を持っているなら、以下のような社内の制度や風土があるといいですよね。

  • 働く場所にはこだわらない
  • テレワークするためのツールが整っている
  • 多様性を認める風土がある

社員に寄り添ってくれる

多様な働き方を認め、会社全体で理解を深めてくれる組織はあらゆる人が働きやすい環境といえるでしょう。

「ありたい姿」でいられる会社

上司にビクビクしたり同僚との関係が悪かったりして、のびのび働けないのは苦痛になるでしょう。

周囲の視線を気にすることなく、自分のありたい姿を実現できる会社なら「働きやすい」と思えそうですね。

様々なワークスタイルの人がいる

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、在宅勤務やリモートワークなどの重要性が浮き彫りになっています。その一方でオフィス以外では働きにくいと感じた人もいるのではないでしょうか。

大切なのは在宅勤務やリモートワークなどの制度を導入しているかどうかではなく、個々のライフスタイルによって柔軟に対応してもらえるかどうかです。

成果を出せば評価がついてくる

評価制度がわかりやすく、成果を出せばしっかり評価される会社は働きやすいでしょう。

オフィス出社や残業などでがむしゃらに働いている姿を見せることで評価されるのではなく、成果主義の会社なら、テレワークもしやすいですよね。

働きやすい会社を見つける方法

働きやすい会社を見つけるにはどうしたらいいのでしょうか。


チェックポイントとその調べ方を解説します。

働きやすい会社選びでチェックしたいポイント

働きやすい会社選びにおいては、以下のような項目をチェックしましょう。

  • 離職率
  • 平均残業時間
  • 有給休暇取得率
  • 採用のタイミング

「採用のタイミング」について、例えば「求人を見たときにいつも人材を募集している会社」は注意したほうがよいでしょう。

会社の規模は拡大していないのに通年人材を募集しているのは、それほど人材不足に陥っていると考えられます。人材が定着しない原因になる「働きにくさ」が潜んでいるのかもしれません。

チェックポイントを調べる方法

出典:OpenWork

「離職率」「平均残業時間」「有給休暇取得率」「採用のタイミング」をチェックするには、以下のような方法があります。

  • 企業の公式サイト
  • 企業の口コミサイト
  • 転職サイト
  • 就職四季報
  • SNS
  • 転職エージェント
  • 面接

ちなみに「3年後就職率」は就職四季報に掲載されています。

また以下のような企業の口コミサイトは、実際にその会社で働いていた人でないとクチコミできない仕組みになっているため、リアルな声を知るのに役立つでしょう。

この他、業界に精通している転職エージェントの情報も頼りになります。転職活動は働きながら調査の時間を捻出するのも大変でしょうから、エージェントのサポートを借りるのも1つの手です。

以下の記事では、働きやすい会社に転職する方法を解説しています。

働きやすい会社に転職する方法とは?見分けるコツも紹介
ワークライフバランスを実現するなら、所属する会社の働きやすさは重要ですよね。この記事では「働きやすい会社に転職したい!」と考えている方に向けて、働きやすい会社に転職する具体的な方法や、働きやすい会社を見つけるコツを紹介します。

また「働きやすい会社ランキング」を紹介した記事もあります。ぜひ合わせてご覧ください。

働きやすい会社ランキングからみる!自分に合う会社の見つけ方とは?
日本最大級の企業口コミサイトOpenWorkが2020年に発表した「20代が選ぶ、自由主義でフラットな企業ランキング」をピックアップ。これはワークライフバランスや風通しのよさを軸にしたランキングです。このランキングを元に「働きやすい会社」の探し方について考えていきます。

「自分が働きやすい会社とは?」を考えよう

人によって「働きやすさ」は異なります。


働きやすい会社を見つけたいなら、まずは「あなたにとって働きやすいとはどんな状態か」を定義しましょう。

今回は働きやすい会社によくある特徴やSNSの声を中心にまとめましたが、以下の記事では女性が働きやすい会社について解説しています。ぜひ参考にしてください。

女性が働きやすい会社とは?特徴や見極めるチェック項目を紹介
働きやすい会社は、柔軟な働き方を推奨する文化が根付いています。結婚・出産後を含めどんなライフスタイルでも働きやすい制度が整う会社なら、女性がワークライフバランスを実現しながら仕事を続けやすいでしょう。この記事では、女性が働きやすい会社の特徴と、あなたに合った会社を見極める方法を解説します。

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめた無料ebookを限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけど、プライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方は、今すぐ詳細をチェックしてください。

無料ebookの詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました
なぜプログラミングスクールが、ワークライフバランスのメディアをやるのか? プログラミングスクールが、なぜ?